立民よ、お前もか。そのバスは、地獄ゆき!だ

本日、日本経済新聞を見て心配になった。 立民「反撃能力」容認を検討ー維新・国民民主に続く/責任政党へ現実路線 という4面トップ記事である。 記事内容は、①立民の外交・安保戦略PT(玄葉が代表)が、反撃能力の保有(専守防衛や憲法の規定範囲での保有を…

危機を脱したかな?「反撃能力」というごまかし

コロナにかかった娘は、発症三日後病院から電話があり、ホテルに収容可能という事で、隣町南相馬市のホテルに入っています。今朝電話するとだいぶ良くなったという事で、一安心です。 妻は、ずっと咳が止まらず、3つ目の(内科→耳鼻咽喉科→内科)クリニック…

コロナが やってきた

恐れていた事態が、起きました。 娘がコロナにかかりました。一昨日熱を出し、昨日病院でPCR検査したところ、「陽性」とのことです。 娘の職場で「クラスター」が発生したとは、きいていたのですが、娘がかかるとは思いませんでした。甘かった! 娘は、老健…

虚構を信じる能力ーサピエンス全史を読んで(上)ー

numapyさんがかつて触れられていた本「サピエンス全史」(上)(ユヴァル・ノア・ハラリ著)を読みました。 えらいものを読んじまった、というのが一番の感想です。脳みその劣化が激しいので読むのに一苦労です。前半の感想を述べます。後半まで読めるか、は…

たった一人のスタンデイング(?)、ぼろぼろとカチン(新築余波)これなーんだ。

今日は9の付く日。 南相馬市駅前でのスタンディングの日です。定刻通りにいつもの場所に行くと誰もいない。あれ、変だな、休みかな。 前回は、相馬のスタンディング仲間Sさんを通じて休みと連絡があったけれどね。今回は連絡がない。 えーい。ままよと、一人…

次の世代は、我らの失敗から学んでほしい(本日二つ目)

私は30年ほど前、零戦に関する柳田邦男の長大など著作を読んだ。 即ち、「零式戦闘機」「零戦燃ゆー飛翔編」「零戦燃ゆー熱闘編」「零戦燃ゆー渾身編」である。 この著作は、あの太平洋戦争の、航空上の主役=零戦の栄光と挫折を、日米両側から、戦略・戦術…

♪僕たち団塊生、ヘヘヘイ♪

幾世代かの戦争ありました。 赤どす黒い戦争ありまして(中也のまね) 日本に青空見えた時(映画「日本の青空」) 死にそこなった皇軍兵士と生き残った女たち。 男と女は、己の生を確かめようと、子作りせっせ、せっせのせ。 これが僕らの由来です。 生まし…

白鳥がやってきた 平和学習会に参加して

白鳥がわが町にやってきました。冬まじかです。つばめ同様、白鳥も多くの苦難を乗り越えてシベリアからやってきたのでしょう。 シベリアと言えば、ロシアも経済制裁で結構きついことになっているそうです。プーチンもバカなことをしたもんだ。領土拡張なんて…

小さな僕の大きな夢

歌をいいと思うそれぞれの琴線は違い、普遍的なことは 無いと思うのですが、共感される人もいらっしゃるかな、と思い、歌の話を書きます。 先日孫(4歳女児)の運動会で聞いた歌の一節です。 「つばめ」という歌なのだそうです。 孫たち年少組は、つばめの羽…

こういう風にして、年寄りは自信を失うんだなあ

昨日は少々がっかりしたことが連続しました。 午前中、高齢者講習の申し込みに自動車学校に行ったところ、12月15日から受付とのこと、しかも電話でいいとのこと。わざわざ行ったのにねえ。俺が良くお知らせを見てなかったせいだ。 午後3時頃、妻の花壇に牛糞…

「飛露喜」「獺祭」を呑む―新築こぼれ話ー

近頃銘酒「飛露喜」「獺祭」等を呑んでいます。 「飛露喜」(ひろき)は、日本酒金賞日本一を連続して獲得している福島県でも、特に有名な酒どころ会津、その中でも有名な酒です。4合瓶で税別7800円!しました。これでもキャンペーン中で1000円の割引です。…

どっこらしょ/ひろゆき氏の発言について思う

今日、降圧剤をもらいに診療所に行った。いつもは混んでないのに今日は随分混んでいた。いつも通りに診察を終わって待合室に座るとき、気づいてしまった。 俺は「どっこいしょ」と言って椅子に座っていると。 数日前、4歳の孫が俺のまねをして「よっこらせ、…

将来の日本も多分大丈夫?

今日は好天下、孫の運動会を見学に行きました。 孫は、保育園から幼稚園年少組に入園、8月に満4歳となりました。 コロナの為、運動会は3年ぶりだそうです。 最初の出番はかけっこ。太り気味なので心配してましたが、案の定10数名中ラストでした。 先生のアナ…

国葬費は、国庫に返還すべき

8月初旬から新築への引っ越しが始まり約1か月で物の運搬は終わりましたが、まだまだ片付きません。永遠に片付かないかも、と不安になります。ものが多すぎる。新築に関係する諸手続きも終わってません。いただいたお祝いへの返礼も終わってません。まだまだ…

ブログしばらく休みます

昨年11月の旧宅取り壊しから10か月経ちました。いよいよ来週8月9日に引き渡しとなります。 いよいよ引っ越しです。二家族が合流です。あふれかえったものをどう片付けるか、バトルが始まりそうです。 駐車場・物置・フェンス・物干し場・たい肥積場・花壇な…

鹿島散歩(6)

久しぶりに早朝散歩をする。 このところ、朝5時から6時台は、自宅(相馬市)の草むしりに没頭していた。 新居が完成し、8月9日引き渡しが決まったからである。前の物置・花壇・畑の部分が草ぼうぼうで、この草むしりをしている。50坪くらいであろうか。毎日…

4回目のワクチン接種、要介護3の友人、スタンデイング

7月15日4回目の接種をしました。 近頃相馬市では、コロナ患者が結構出ています。漁師のわかい友人がコロナにかかりました。友人は、10日間ホテルで、その奥様と1歳の娘は、アパートで10日間を過ごしました。症状は、友人が倦怠感と37.6度の熱が数日でたのだ…

国葬に反対

7時のNHKニュースを見て、やっぱりかと思った。 安倍元首相の国葬である。 岸現首相は、外交・内政で多大の貢献、暴力に屈しない民主主義の為、というのが安倍氏国葬の理由のようだ。 外交って何か貢献あったろうか。 ロシアには、多くのお金と精力とを使っ…

参院選雑感/相馬でスタンデイング

参院選が終わりました。これからいろいろ分析が出ると思いますが、私も思ったことを書いておきます。 (1)投票率は前回より上がったけれど、安倍氏殺害という大事件が起きても、相変わらず50%ぐらい。半分の人が投票していない。これこそ民主主義の危機と…

選挙で倒したかった/不安や不満を投票に

いやいやびっくりだなあ、安倍元首相が銃で撃たれ、なくなりました。 彼の政治信条(国家主義)や政治手法(敵作り作戦)は、私の基本的考えである戦後民主主義(個人主義・自由主義・話し合い主義)と対極にあり、また私の考える平和主義(武装同盟・専守防…

政府は、与党支持者の税金だけで運営しろ

参院選の応援演説で現職大臣が、「政府は、野党の話は何一つ聞かない」と言ったのだそうだ。 野党だって国会議員。野党を支持する国民もいる。 政府が国を運営するそのお金は、税金とか借金(将来の国民の負担)である。野党を支持する国民も税金を払ってい…

環境破壊で4.5倍の収入!!

今日は久しぶりに相馬市玉野のメガソーラー建設現場に行ってきました。 案内は、地元でジャージー牛の牧場経営とアイスクリームを製造販売しているK氏です。私は、K氏の話を聞いて、このメガソーラ反対運動に加わりました。もう5年も前のことです。 私達の長…

坂上泉に期待する ー小説「インビジブル」を読んでー

坂上泉の小説「インビジブル」を読んだ。 警察小説の部類に入ると思われる。 舞台は、1954年(昭和29年)の大阪。事件は、3人連続殺人事件。いずれも頭に麻袋をかぶされている。事件の担当は、大阪市警視庁と国家警察(?) 主人公の警官二人は、東京帝大卒…

暑苦しい

暑苦しい。朝4時少し前目覚めた。何せ、寝室にはエアコンなし、おまけに網戸なし。扇風機のみだからなあ。居間にはエアコンあり。引っ越ししようか。 そのまま起きる。畑に行く。キウリがなり始めた。今日のメインは、秋口に食うキウリ の種まき。ジャガイモ…

また事故予見性か(訂正と追記あり)

TBS報道特集を見ていた。 昨年の静岡県熱海市伊豆山の土石流被害を特集していた。 20余名の死者の責任はだれにあるのか、を追求したものである。 番組は、前所有者と現所有者、熱海市と静岡県にインタビューを試みていた。インタビューでは、所有者も、行政…

自民党と共産党のチラシを見た感想

新聞のチラシに自民党と共産党のチラシが入ってたので、それを見た感想を書く。 自民党は、星北斗という候補者の「ふくしま自民党11の約束」という個人の宣伝である。 共産党は、いわぶち友という現職参議院議員の宣伝と共産党の宣伝の二種類である。 私は、…

読書感想(3)浅田次郎「兵諫」その他

この数週間で読んだ本についての感想。 兵諫(浅田次郎、文芸春秋、2021年) 久しぶりの浅田次郎。 帯に「兵諫(へいかん)とは、兵をあげてでも主の過ちを諫(いさ)めること」とある。なんのことだと、興味を持って図書館から借りてきた。 舞台は1936年(…

日本は軍拡で滅ぶ心配/若者の皆さん、自分が兵士になるんだよ

今日のお昼のNHKニュースを見て心配になりました。ニュースでは、NHKの日曜討論での各政党の主張を紹介してました。主要政党がこぞって防衛費増額に賛成だからです。 自民党・・・欧米諸国並みにGDP比2%に、近い将来10兆円にする 維新・・・防衛費GDP2%に…

親切な警官と不真面目な最高裁

6月17日、生業裁判などの4つの原発被害訴訟の統一判断が、最高裁で出るという事で、 東京まで行ってきました。損害賠償は、国の決めた額よりももっと多く補償すべきだという最高裁の判決があり、確定しています。今回は、国にも原発事故の責任があるのではな…

読書感想(2)ー「日本戦後史論」(2015年、徳間書店)

近頃読んだ本の感想を書きます 「日本戦後史論」(内田樹・白井聡)・・・この二人の対談です。面白いと思ったことは以下の事柄です。→が私の感想です。 〇ある政体は、その正当性を否認する情念を抱え込んで、それを普段抑圧している。その抑圧が破たんする…